イヌラッパグミ~フロンティア~

イヌラッパグミ〜フロンティア〜

「面白い」だけを追求する女の子達の日常

音楽ファンに見てほしい!ネタに困った時にオススメのカオスなMV

フリー画像

 

 

こんな経験ありませんか?

え、音楽が趣味何ですか? へえー何かオススメのアーティストっています?

そ、そうですね。では、ジャーマンメタルとかどうでしょう?激しさの中にもドイツ情緒溢れる幻想的でメロディアスなメタルなんですけど、初心者はまずハロウィーンやブラインドガーディアンなんかを・・・

は? なにそれ? ドイツのJ-POP?

 

あ、いや、その、ジャーマンメタルはドイツ発祥のメタルでして・・・というかドイツのJ-POPって・・・

こっちはオススメのアーティストって言ってんのに、何マイナーなジャンル勧めてんだよ。つーか、ジャンルって言ったらエグザイル系とかAKB系とか、そういうのっしょ

ええ・・・

 例えば、私は知り合いにオススメの音楽を聞かれた時、色々とメタルを勧めてあわよくばメタラー仲間を増やそうとしたりする。

メロスピメロデス、シンフォニック、プログレ・・・。

私はどれも大好きだ。

ところが、世間は違う。

音楽と言えばアイドルソングかアニソンか、ロキノン系J-ROCKばかり。

もちろん、それらの音楽も私は聴くし、音楽のジャンルに偏見を持たないので、良いと思った音楽ならクラシックからアニソンまでウォークマンにブチ込む主義だ。

しかし、たいていの人は自分の好きなアーティスト単位でしか聴く事をしない。

世界には素晴らしい音楽が星の数ほど溢れていて、探そうとすれば一生かけても自分の好きな音楽の追求は終わらないというのに。

にも、関わらずだ。

私の周りの人は私にこう聞くのだ。

「オススメの音楽教えて?(自分の知っている範囲で)」

 奴らは、普段聴かないジャンルの音楽を食わず嫌いして、日本語の歌詞じゃない曲を聴かせると「洋楽好きなの?」と困惑した表情で言ってくる。

「洋楽」ってなんだ。

世界には無数のアーティストがいるのに、海外のアーティストというだけで「洋楽」の一括りになってしまうのか?

聴かない人からすれば興味ないものなんてそんなものだよ

 

 だからこそ、私は考えた。

今の時代、アーティストMVが当たり前に見られる時代なのだから、まずは視覚的に楽しめるアーティストを勧めて、音楽の幅広さ、素晴らしさを教えることはできないのか、と。

そして音楽ファンを名乗るのであれば、ネタの引き出しの一つとして、こういうMVもあるんだという事を知っていてもいいんじゃないか、と。

 

というわけで、今回はカオスなMVを出しているアーティストを紹介するぞ。音楽性よりも、MVのインパクトに焦点を当てた。

どーせ、『岡崎体育』とか、『OK Go』みたいなおもしろMVなんでしょ?

 

 洗濯機とガスコンロと冷蔵庫がいるバンド 

思った以上にぶっ飛んでた

まあ、これMVですらないからな・・・。でも、普通に活動しているバンドだゾ

 

次はちゃんとしたMVを紹介しよう。

一応、警告はしておくが、人を選ぶ内容のMVなので、視聴は自己責任でな

テニスするメタル 

テニスやってる人から怒られそう

ネタ全開だが、デスコアとしては割と正統派なんだよなあ

デスコアに正統派なんてあるんだ

 

 

 ダサさをここまで極めるともはや芸術

シンフォニック・メタルと言えば知る人ぞ知るRhapsody。映像で見なければクッソかっこいいバンドなんだゾ

この人たち、何と戦っているの

 

 目を瞑って聴くとめちゃくちゃカッコいいのに

これもさっきと同じ系統だな

この人たちは何から逃げているんだろ

直視できない現実か何かだろう

 

 全てが不安定。何から何まで迷走している

曲もPVも方向性が定まってない気が・・・

人生悩んでるのかな?相談に乗ってあげたい

 

 実は来日してライブもやってる超人気バンドです

コルピだあー!森メタルの人たち

昔、ニコニコで空耳歌詞が流行ったな。MVのしょぼさと反して実は結構な大御所だという

  

 というわけで

如何だっただろうか。

私はどうせ 「オススメのアーティスト教えて?」と聴かれても、大して本人は聴くつもりないと思っている。

だからカオスでインパクト重視なMVを厳選してみた。

機会があれば、他にも色々と紹介して見たいと思う。

別にここで上げたアーティストをバカにしているわけじゃないぞ!メタルはこのダサさも含めてメタルだからな。

でも、こういうの人に勧めてばっかいるから頭がおかしいって言われるんだって自覚は持とうよ

このメタルの魅力に気づかないという一般人はOK Goでも聞いてろ

曲よりもMVがメインみたいなバンドだけど、わたしは好きだよ。