イヌラッパグミ~フロンティア~

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヌラッパグミ〜フロンティア〜

「面白い」だけを追求する女の子達の日常

常に携帯しておきたい!どんな体調不良も乗り切れる最強の市販薬

「薬 フリー画像」の画像検索結果

ある日のこと。

私は体調が悪かった。だって女の子だもん☆

うう・・・体がしんどい・・・

あら、どうしたの? そんな弱音吐いちゃって

見てわからんのか? 体調が悪いんだよ私は

そんなこと言っても、ずっとおんなじ画像と吹き出しで喋ってるから体調悪そうに見えないわ

メタい事言うのやめてくれる?

 

 諸君がもし生身の体を持った人であるならば、体調が優れない日だってあるだろう。

 体調が悪いなら、とにかく横になって体を休めるのが一番だ。人間の体というのは、特別な事をしなくてもたいていの体調不良は放っておけばなんとかなる。

無理しちゃダメよ? まずいと思ったらちゃんと病院で見てもらわないとね

 しかし現代人は忙しい。

学校や会社はそんな簡単に休むわけにもいかないし、休みの日でも遊びにいく予定が入っていればちょっとくらい無理をしてしまうという人も多いはずだ。

 そんな時はやっぱり薬の力を借りるのがいい。

薬を服用する際は、用法用量を守って正しくお使いください、だぞ

 

 市販薬の取り扱いについて

「薬 フリー画像」の画像検索結果 

ご存知の人も多いだろうが、病院で処方される薬と市販薬では入ってる成分が違う。

どんな症状でも、病院で処方される薬の方が圧倒的に効果を期待できる。

一方で、市販薬は「商品」だ。販売しているのが民間企業である以上、利益が優先されるため、誇大な広告やパッケージに惑わされることなく、本当に効く薬だけを服用すべきだ。

 

バファリンに配合されている「やさしさ」という成分はどのような効果が期待出来ますか?

お金で買える優しさなんて、本当の優しさとは言わないわ

 

 本当に効く市販薬は、実は昔から売っている

「薬 フリー画像」の画像検索結果 

 市販薬は服用時の症状から販売方法までの範囲を薬事法によって細かく定められている。

だから、医療メーカーはどんなに効き目のある薬を作ろうとしても、好き勝手に成分を配合して作ることができない。

つまり、「よく効く新商品を開発しました!」と言ったところで、画期的な特効薬が販売される事はないというわけだ。

もちろん、薬事法が改定されれば扱える薬の成分量も変わるけどね

 ということは、長く親しまれている市販薬にはそれだけの実績と効果が期待できる。

そんなわけで、以上を踏まえて症状に合わせて服用したい、最強の市販薬をご紹介しよう。

 

 頭痛が痛い・・・

「頭痛 フリー画像」の画像検索結果 

頭痛には定番中の定番、ロキソニン。即効性あり。

私も頭が痛いんだ・・・うう、痛い痛い!

頭に異常があるのかもね。病院で脳の検査してもらった方がいいわよ?

なんでだよ! ロキソニンくれよ!

それにしても、これ本当に便利よね

効きすぎて怖いっていう意見もあるくらいだな

あくまで痛みを和らげるだけで、頭痛を直す治すわけじゃないからね。服用のしすぎは注意よ

 

 お腹が! お腹があ・・・

「腹痛 フリー画像」の画像検索結果 

とっさの腹痛には正露丸

薬独特の匂いが苦手な人には苦痛かもしれないが、効果はある。

即効性もあって、値段も手頃だ。

匂いが気になる人はこちらの「糖衣A」の方を服用しよう。

正露丸の周りを糖でコーディングされているため、あの独特な味も匂いも抑えられている。

うう、お腹も痛いんだ・・・グググ

イチジク浣腸持ってトイレ行け

そんなー!女子だぞ私は!デリカシーないのか!

 

よく「女性特有のアレ」に効く的なパッケージデザインも可愛らしい薬とかあるけど、効果だけを期待するならぶっちゃけ正露丸さえあれば他はいらないわ。

腸の調子を気にしてヨーグルトを毎日食べたり、ビフィズス菌のサプリをとったりするなら正露丸飲んでればどーにかなる

 

 熱っぽい!風邪ひいた!

「風邪 フリー画像」の画像検索結果 

これは風邪だな。うん。今日は記事書くのも休む!

おい仮病

風邪を治す薬なんてものはない!

体に入り込んだウィルスを退治するために人間の体温は上昇するのだから、熱冷ましで無理やり熱を下げたりするのは 良くないのだ。

風邪には体の免疫を高める漢方が一番。

そして定番商品といえば、葛根湯だ。

いろんな会社から出ているが、とりあえずで選ぶならこちらの商品だろうか。

とにかく早く治したいならドリンクタイプもオススメよ

 

というわけで 

ぶっちゃけ、これだけ飲んでればだいたいの体調不良はどうにかなる。

ただし、薬の効き目には個人差があるので、自分に合わないと思ったらすぐに服用をやめること。

薬の使用は用法用量を守ってうんたらかんたら(2回目)

 

ねえ、なんで薬の知識ちゃんとないのにこんな記事書いちゃったの?

いや、だって実生活で効き目があった薬とか、こう記事にして発信したいじゃん?

いかにも知ってます風であんまりいい加減な事を書いちゃダメよ? 顔に説得力もないし

いずれ私たちの表情差分は用意したいですハイ