イヌラッパグミ~フロンティア~

イヌラッパグミ

「面白い」だけを追求する女の子達の日常

人間の脳って1ペタバイトの容量があるのに、使い方にコツがいるらしい

「脳 フリー画像」の画像検索結果

5月の後半、どこの学校もだいたいこれくらいの時期は中間テストなる邪悪な祭典が執り行われる事だろう。

女子高生である私も、今まさにその中間テストに苦しまされている最中だ。

だが、困っていることがある。

勉強がなかなか頭に入ってこない。

教科書と問題集を広げてみるのだが、スマホの誘惑に負けてついつい日課のクソゲーRTA動画を見てしまう。

ゴジラだけじゃなくて人間も街を破壊するのかよwwwwwわろたwwww

 

・・・は!? いかんいかん! 勉強しなくては!

 そんな時にドラえもんの道具に出てきた暗記パンがあれば、どんなに良い事だろうと思うわけだ。

「暗記パン」は、一見ただの食パンだが、本やノートに押し付けると書いてある内容が映され、食べればたちまち覚えることができてしまう便利アイテムだぞ

だが、一方でこんな話を聞いたことがある。

「人間の脳は、世界中のどんなコンピューターよりも高性能だ」※その当時の話

それが本当ならば、暗記パンなどなくとも、いとも簡単に暗記してしまえるのではないか、と思うわけだ。

 そこで、人間の記憶容量が実際にどれくらいなのかと調べてみたところ、どうやら最新の研究では1ペタバイトあることが判明した。

以下ソース

tocana.jp

しかし1ペタってあんまピンと来ないんだよな。どれくらいの容量なんだ?

読み/英語 ぺたばいと / Peta Bytes
詳細 情報量を表す単位のひとつ。PBと略記される。
ハードディスクやストレージなどの容量を表す際に使う。
データ量を表す単位は小さい順に下記の通り。
 ・ビット(Bit)
 ・バイト(Byte)
 ・キロバイト(KB)
 ・メガバイト(KB)
 ・ギガバイト(GB)
 ・テラバイト(TB)
 ・ペタバイト(PB)
 ・エクサバイト(EB)

1ペタバイトを単位変換すると…。
 ・1,000兆バイト
 ・1兆キロバイト
 ・10億メガバイト
 ・100万ギガバイト
 ・1,000テラバイト
 ・0.001エクサバイト

CDに換算すると約140万枚分。
片面1層式のDVDに換算すると約20万枚分。
25GBのBlu-ray Discの約4万枚分。
32GBのiPhoneの3万2千台分。

出典:ペタバイトとは - 意味の解説|ITトレンドのIT用語集

 このように、途方もない容量だということが分かる思う。

そうなると、やっぱり疑問に感じることがある。

なぜ、それだけの容量を人間の脳は記憶出来るのに、いくら勉強しても参考書の丸暗記すらなかなかできないのかという点だ。

それはめぐちゃんの頭のできが悪いからでしょ?

お? こないだの小テスト私よりも5点低かったお前が言えんの? 35点のくせに!

なによー昔は自分の苗字を「犬飼」じゃなくて「太飼」って書いてたくせにー!

レベルの低い争いだなあ

※学年8位

ほんとに 

※学年2位

 

というわけで、なぜ人間の脳はこれだけの容量がありながら、なかなか暗記することができないのかを調べてみた。 

 人間が優先して記憶するのは「生存に関わる重要な情報」だけ

情報のインプットを効率的でストレスフリーにする方法 

脳内で記憶を司る器官は「海馬」と呼ばれる。

海馬は、パソコンで言うところの一時メモリの役割を果たしている。

シャットダウンすればそのメモリは全て解放されるように、この海馬に記録された情報の大半は一日のうちにほとんど消去されてしまうのだという。

海馬

絶対に言うと思ったけど、ツッコまないからな

削除される情報はもちろんランダムに消されていくわけではない。

脳が「不要な情報」と判断したものから消されていくのだ。

消されずに残った情報は「長期記憶」としてしばらく脳内に保持され続ける。

つまり、覚えたことを忘れたくなかったら、脳に「この情報は優先的に必要なんです」と教えこめば良いというわけだ。 

えー、じゃあ生存本能に訴えるようにして勉強すればいいってこと? 問題集にこういうの貼ればいい?

どんな問題集よ

 

 実は、何を持って脳がそういう判断をするのかはよく分かっていないのだとか。

 ただ、活字から入ってくる情報よりも、五感から訴える情報の方が圧倒的に残りやすいと言われている。

つまり「習うより慣れろ」で、実際に手を動かし、体で覚えた方が記憶に残るというわけだ。

ギターもピアノも、音楽理論の本を読むより実際に弾いていた方が上手くなるもんね

また、人間は嫌な出来事ほど無意識に忘れようとするし、逆に楽しかった出来事はずっと覚えていたりする。

つまり、嫌々やる事はなかなか覚えられないし、続けられない。でも、興味のあることは覚えられるし、続けられる。

勉強も同じというわけだな。得意科目は好きだから覚えられる、苦手科目は嫌いだから覚えられない、それがテストで結果が反映されるのも納得だ

 

というわけで 

物事を覚えようとする時は、とにかく自分が興味を持つような工夫をすることが大事というわけだ。

「苦手」とか、「嫌い」という先入観があって、それでもどうしても勉強をしなくてはならない時は、どうすればその事に興味を持てるのかを考えよう。

「これを覚えたら自分にご褒美をあげよう」とか、「テストの結果が良ければこんな良いことがあるんだ」というメリットを思い浮かべるとかするといいわけだ。

「何事にもポジティブな発想をする方が物事が上手くいく理論」にも、根拠が全くなかったわけじゃないのだな、と私自身も気づかされた。

 

で、偉そうにそんな事を書いてるわりに、ちっとも勉強が進んでないように見えるけど?

クソゲーRTA動画が悪い。こいつが私の意思を崩して調子を狂わしてくるんだ

こうやって周りのせいにする人間は成長しないんだろうなあ

身近に手頃な反面教師がいて良かったね

 


ドラえもん 暗記パン 郵便局 3点 セット