イヌラッパグミ~フロンティア~

イヌラッパグミ

「面白い」だけを追求する女の子達の日常

ギターもベースも!BOSS WL-20/ WL-20Lで誰でも簡単にワイヤレス!

バンドマンも、これからは足元はスッキリさせないとね!

ライブやスタジオ練習に最適なギター用ワイヤレスシステムとして WL-20/ WL-20Lの両方を購入しました。

結論から言って、これはホントに大正解! というわけで、せっかくなので今回レビューしていきたいと思います。

ワイヤレス導入のメリットって?

そもそも有線のシールドなら、音の好みで選ぶというよりも、最低限の音ヤセがなければ、後は音の経年劣化や断線しにくいとか、自分の使い方に合った長さのものを予算の範囲で決めるという人が多いと思います。

有名どころならベルデン、プロビデンス、モンスターケーブルなど。コスパ重視ならカナレとかありますね。

僕は普段ベルデンを使っていましたが、そこまでシールドに強いこだわりがないならワイヤレスでもいいじゃん!とずっと考えており、今回思い切ってワイヤレスを導入したというわけです。

ワイヤレスのメリットは断線や音の経年劣化もないので、壊れない限り買い替える必要がありません。 そして何より、足元にシールドを垂らさなくて良いので、ステージパフォーマンスには最適です。

一方で、ワイヤレスは電池式か充電式なので、もし電源が切れたら当たり前ですが音が出なくなってしまいます。 ケーブルならその心配もありませんが、まあそれを差し置いてもやっぱり足元がフリーになるのは魅力的でした。

WL-20/ WL-20Lなら手軽にワイヤレス

WL-20/ WL-20Lは、とにかく軽くてコンパクトです。 充電させて、あとはシールドと同じようにinとoutのジャックに挿すだけ。

チャンネルや周波数の設定もありません。 値段も2万前後なので、お買い求めしやすいです。

見た目はちょっと不格好?

f:id:inurappagumi:20190303220751j:plain

こんな感じでギターからは飛び出るので、見た目はちょっとダサいって感じる人もいるかもしれませんね。 しかし、取り付けて重さは全く感じないし、従来のワイヤレスシステムみたいにトランスミッターをストラップに取り付ける必要もありません。

本当にこれワイヤレスなの?と疑ってしまうほどコンパクトで何かを付けている感覚がないんです。 ただ、気を付けたいのは座って弾くときです。

ギターのボディが地面に接触する距離だとワイヤレスが出っ張っているので地面に強く打ち付けしまい、故障の原因になります。

また、ストラトタイプのギターだとボリュームノブ近くにジャックが付いているものもありますが、アームやスイッチ操作で手が触れてしまう事が気になってしまうかもしれません。

そういう場合は短い延長用シールドで裏に取り付けるなどの工夫も必要です。

f:id:inurappagumi:20190303220849j:plain

上の画像はベースだけど、ジャズベタイプのコントロールノブの下にジャックがあると出っ張っちゃうから手に当たりそう・・・

各スペック

周波数と使用チャンネル

・無線キャリア周波数:2.4GHz

・最大同時使用チャンネル数:14(使用場所の状況により変動)

まず周波数から見ていきますが、 2.4GHzはwifiなんかの無線LANにも使われている帯域ですね。 無線は電波どおし干渉するとノイズや音がㇷ゚ツプツ途切れたり、最悪音が出ないなどの不具合が生じます。

しかしそのあたりは信頼のメーカーであるBOSS、他のメーカーはもちろん、同じ WL-20でも最大同時使用チャンネル数が14とあるとおり、複数の使用をしてもチャンネル被りによる電波干渉はしづらくなっています。

同じ空間で14個も使うなんて事は普通ないですからね。とはいえ、あくまで「しづらい」というだけで、やはり使用する場面によっては音が他の電波と干渉してしまう可能性はあるので、そのあたりは注意が必要です。

使える広さ(音の届く範囲)

・伝送範囲:見通し15m(使用場所の状況により変動)

最大約15mなら、アマチュアのバンドマンが音の飛ばし先から15mも離れる箱で演奏する機会なんてほとんどないし、そんなに長いシールドだってそもそも使いませんからね。 それくらい大きな場所でワイヤレスを使うなら、プロが使うこっちのLine6にしましょう。

音の遅延(レイテンシー

レイテンシー:2.3ms

レイテンシーは、音の遅延がどれだけあるのかを表しています。 2.3msは0.0023秒後に音が出るという意味です。 これはほかのレビューとかでも言われてますが、 まったく気にならないレベルです。

仮にそこまで気にするならコンパクトエフェクターを複数個繋いで使う事も出来ないレベルで音の立ち上がりに神経質という事になりますね。

使用時間と充電

・電源:充電式リチウムイオン電池(DC IN 5V 端子より取得)

・電池の充電時間 レシーバーのみの充電:約3 時間          

・トランスミッターと同時充電:約4 時間 ・電池による連続使用時間:約10 時間

充電は、トランスミッターとレシーバーをドッキングさせた状態で二つ同時に充電可能です。これがとても便利。 端子はmicroUSBなのも嬉しいです。 一番普及している端子規格だし、予備電源としてモバイルバッテリーも使えるのでどこでも充電できます。 連続使用時間は約10時間。ライブ本番をぶっ通しで10時間なんて長渕剛でもなければまずありませんし、事前に充電を忘れなければ困ることはあまりないと思います。

f:id:inurappagumi:20190303220839j:plain

WL-20 とWL-20Lの違いって?

WL-20にはケーブルトーンシミュレーションという機能が付いています。WL-20Lには付いていません。 これは、ギターシールドを使った時の音質を再現するという機能。 具体的には、若干の音のレンジが削られて音質が劣化するんです。

何その余計な機能!と思ったのですが、ギターってそもそも通常の音楽スピーカーよりも限られた音域しか出さないアンプを使って演奏するわけで、音を歪ませたり、揺らぎを加えたりするなら実は生音のレンジの広さって好みの問題でしかなかったりするんですよね。

むしろ、これはシールド使用時の音質劣化を再現する事によって、耳なじみの良い音にしてくれているわけです。 ケーブルトーンシミュレーション機能が付いていないWL-20LはEMGなどのアクティブのピックアップを乗せた楽器向けです。 アクティブピックアップ(電池駆動のピックアップ)は人工的に生音をシミュレートさせたピックアップなので、ケーブルへの出力時にも音質劣化が起きません。 だから、わざわざ音質劣化まで再現する必要がないのです。

というわけで、

・パッシブピックアップ(通常のギターのピックアップ)なら WL-20

・アクティブピックアップ(電池駆動式のピックアップ)ならWL-20L

を選ぶようにしましょう。

実際に弾き比べてみた

f:id:inurappagumi:20190303220814j:plain

で、弾き比べてみましたが、 WL-20Lの方が若干高音域が広いような気がします。 WL-20はその部分が削られていて、少し音に丸みがあるような印象を受けます。

まあ、ぶっちゃけ好みのレベルだし、どちらを選んでもそこまで気にする必要はないかもというのが正直なところ。

それくらい、音に神経質にならなければ気づかないし、ましてアンプを通して聴く人からはその違いが判らないと思います。 というわけで、アクティブ、パッシブどちらのピックアップを使っていても、 WL-20/WL-20Lで使い分けが絶対に必要だとは思わなかったので、 値段も同じだし好きな方を選んで良いと思います。

ベースやほかの楽器、家庭のスピーカーなんかにも!

もちろんギターだけでなく、ベースやキーボードにも使えます。 ワイヤレスって、けっこうベースの人の方が使ってたりしますよね。 あと家で弾くときなんかも、シールドを使わずに、スピーカーから少し離れた場所で弾けちゃうのは嬉しいです。 ソファで弾いたり、隣の部屋から弾いてみたり、外で使う時よりも案外便利だったりするなあと実感しています。

二つ使えば究極の足元スッキリなギタリストに!

f:id:inurappagumi:20190303220829j:plain

僕の話になりますが、普段僕が使ってるマルチエフェクターのGT-1に接続することによって、足元から完全にケーブルを取っ払う事ができました。

GT-1も電池駆動なのでアダプター要らず!持ち運びには常にこいつと WL-20/WL-20Lをギターケースのポケットに入れておけば、もう余計な機材は必要なし!

GT-1はBOSSのマルチエフェクターフラグシップモデルであり、これ一つで歪みも空間系もBOSSのエフェクターが忠実に再現されているので、他のエフェクターが必要ないんです。

セッティングも一瞬で終わるし、音の出るアンプさえあればどこでも音が出せる手軽さだよ!

ただし、ワイヤレスがたまに干渉を起こしてノイズや音切れが起きたりする事があるので、これは今どうにかならないかと現在試行錯誤中です。

さすがにレコーディングなんかの時には普通にケーブルを使うと思いますけどね。

まとめ:バンドマンはワイヤレスを積極的に使っていこうぜ!

とりあえずワイヤレスならBOSSで間違いなし ワイヤレス機器はほかにも様々なメーカーから出ていますが、やはり品質と価格で見るとBOSSは強いですね。

今のところ、機器自体に不具合も出ていないし、音質も意図的に劣化させるくらいなんだから、その辺のケーブルなんかよりもよっぽど良いです。 というわけで、持っていて損はないと思います。